スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の悩み

今日は業務後、相談事があったのである先輩のもとへ


大戦話じゃないまじめなwwww話wwwwwww。
あんまりまじめな話しないから貴重wwwwwwwwwwwwww


先輩からのアドバイスは、自分に足りないものばかりだった。
タダでほんといい話を聞けた(´・ω・`)
これに自分の考えを足して、本でも出そうかしらwwwwwwwwwwwwwwwwww
これを生かすも殺すも自分次第。


<個人的な見解>
個人的に苦手なことは、たくさんあるwwwwwwwwwwwwww。
嫌いなことが多すぎて吐き気さえするwwwwwwwww。
嫌いすぎて、泣いたこともあったwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww。
会社のある人が嫌い・・いや、怖くなってに、ほんとにwwwwwww会社に行きたくなくなったwwwwwwwwwwwwwwwww。



でも話を聞いて、時間が掛かってもいいから、前に進みたいと思った。
めんどくさいけど、後悔はしたくない。


<以下とある先輩の考え方>
・今まで勉強した知識は”ツール”。”知恵”はツールの使い方。


・いやなこと苦手なことはなるべくやる。
・自分がいやなこと苦手なことは、みんな嫌い。
・何故嫌いなのか?それは”慣れ”ていないから。
・みんな嫌いなことをどこかで努力している。
・嫌いだけどやれば、周りから見れば、みんな嫌いなことなんだから得意/楽しそうに見える。
・嫌いなことを楽しそう/得意そうにやれば、みんながあいつならできる、やってくれると信頼が生まれる。
・信頼は仕事において・・・、まぁ言わなくても分かるよねー(´・ω・`)


・いやな人はどっかにかならずいる。
・仕事は、ある目的に向かってみんなでやっていくもの。
・だから、嫌いな人でも、表面上は何とかしなければいけない。
・心の中ではどう思っていてもよい。
・嫌いなものは、”慣れ”ていないから嫌い。
・”慣れ”ていれば、ある程度の対処法は、今までの経験で対処する。
・怠け、ミス等でしかられるのはしょうがない。なぜか?飛躍するけど、お金はお客様から製品買っていただいたり、サービスの対価を頂いているから。
・ただ、人間/人格を否定する言い方は、抗議すべきである。社会人ではなく、人としての権利だから。


・仕事をやめる/変えることは良いこと。いろんな経験ができるから。
・但し、逃げるのはいけない。仕事が合っていない、人がいやだ。それは言い訳。
・なぜか?仕事とは、面白いこと、面白くないことの両面があるということを理解していなから。
・いやな人は、どこの職場にいるということを理解していないから。
・逃げてばかりいると、ほかのところで同じことがあるとまた逃げてしまう。その繰り返しで自分の自信やスキルが身につかない。いつも「ゼロ」からのスタートになってしまう。
・仕事をやめる/変える時は、「結果」を残すことが重要。なぜか?自分にこれができる!と自信とスキルをつけてほしいから。
・スキルがあれば、仕事が違ってもスタートが「ゼロ」からではないため、これができます!と自信を持って仕事仲間に言える。


・仕事にイエスマンいらない。戦国大戦には「いる」。
・上司に頼まれた仕事に対して、こういうのはどうですか?、このやり方だと効率よくないですよ!と自分の意見をプラスすることが基本であり最重要。
・会社は、自分に投資をしているという考え方ができたほうがいい。(先輩はこの考えに至るまで7年掛かった)
・投資に対する対価を「結果」として、恩返しできれば最高である。


・なんでも、ほんの少しでいいから前に進んでほしい。絶対、経験と自信うpにつながる。
・一気に前に行く必要はない。気持ちがついていかないから。

以上
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

時計
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

黒鍵

Author:黒鍵
【三国志】
メインIC「知得瑠」の覇王の証53です
チームは「猫流三国志」に所属しております
ホームは千葉県だったけど引っ越して宮城県です
メインは白馬袁術

【戦国】
メインIC「黒鍵」現在38国
直虎強いよ、みんな使おう

大戦関係の相互リンク歓迎してますー
(ノ・ω・)ノヨロヾ(・ω・ヾ)シク(σ・Д・)σネ★

月別アーカイブ
フリーエリア
FC2カウンター
リンク
リンク(バナー)
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。